おすすめビジネス書の書評サイト

ビジネス書、何を読むべきか...と悩みますよね。ランキング上位を買ってみても、案外学びにならなかったり。そんな思いから、おすすめの本を書くことにしました。外資系戦略コンサルなどで勤務してきた私が、今までに読んだ本の中で皆様におすすめのビジネス書を紹介していきます。この書評が参考になれば嬉しいです。

TRUST 世界最先端の企業はいかに<信頼>を攻略したか(Rachel Botsman)

私達がメルカリでものを買うとき、相手が商品を送ってくるだろうか?それは詐欺ではないだろうか?という疑いを持つと思います。それでもお金を払い、取引をしてみるのは、過去のレビュー、そして何より、間にメルカリが入り、仲介してくれるからです。
それは、メルカリを信頼しているから。メルカリが、ある日突然閉鎖し、預かっているお金を持ち逃げするかもしれない、とは誰も思っていないと思います。
 
そんな、ある意味空気のように存在している「信頼」に焦点を当てた本書。時代とともに信頼のあり方が変わってきた、というところは、意識したことはなかったですが、なるほどと思わされました。
 

TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

 

 <要約>

信頼とは、未知のものとの確かな関係
信頼とは、未知のものに自信を持つこと

 

時代とともに信頼のあり方が変わってきた

信頼は3つの時期に分けられる。
最初は「ローカルな信頼」であり、私たちが小さなコミュニティに住み、顔見知りの人だけを信頼していた時である。
続いて、「制度への信頼」になった。私たちは役所や学校や、企業や報道を信じるようになった。
そして今、私たちは「分散された信頼」という第3のステージに入っている。それを可能にするのがレビューのシステムだ。一握りの権力者のお墨付きよりも、数多くのユーザーの意見を私たちは信じる。仮に多少の偏りがあったとしても。それが機能している最も顕著な例がダークネットにおけるドラッグ取引だ。
 

ビジネスにおいて、信頼はとても重要であり、信頼があることでシンプルにビジネスができる

2014年アリババが株式を上場したとき、ジャック・マーは信頼という言葉を何度も強調した。
「信頼。私達を信頼してほしい。市場を信頼し、若者を信頼してほしい」「もちろん、信頼は努力して得るものだ。信頼できれば、全てがシンプルになる。信頼できなければ、物事は複雑になる」

 

 

信頼に値するか、は有能性、頼りがい、正直さ、の3つの要素に左右される

ひとが信頼に値するかどうかを見極める際、3つの要素に左右される。その人は有能か?その人が頼りがいがあるか?その人は正直か?
  • 有能さとは、その人があることをやり遂げる能力があるかどうかだ。
  • 頼りがいとは、その人があなたのためにやると言ったことを必ずやるかどうかだ。その人に任せても大丈夫と確信を持てるかどうか。 

 

レビューの存在により、信頼のあり方が変わってきている。薬物取引が顕著な例だ

ダークネットが現れる前は、薬物の取引は知り合いの客にしか行われなかった。知り合いの紹介しか新しい客にならなかった。つまり、信頼は数名の個人の中だけに直接的に存在する。
それとは対照的に、ダークネットは開かれたネットワークだ。そこでの信頼はレビューや格付けといった定量的な基準で表される。それが、これまでの薬物的に必須とされた個人間の信頼の代わりになる。
 
相手の顔もわからないまま取引をするにも関わらず、レビューという機能の存在のせいか、ダークネットで取引された薬物の純度は、相対取引の純度よりも平均して高い。ダークネット上でのウリ文句も、普通の商品と変わらない。顧客満足度を大切にしています、のような記載が多く見られる。フェアトレードを行っています、のような記載すらある。
 

ブロックチェーンは信頼のあり方に革命を起こし、いくつかの職業が消滅するかもしれない

ブロックチェーンにより、もの自体に履歴が刻めるようになった。金融取引をはじめとする所有権移転が重要になる商品や、ダイヤモンドなどの真贋が重要な商品では、その移転を証明するために信頼される機関が存在している。銀行、政府、管理人などの第三者機関である。ブロックチェーンの台頭により、第三者機関の価値であった「取引への信頼性」は価値を失っていくだろう。そうすると、別の付加価値を見つけないと、その商売は消滅するかもしれない。
 
紛争地帯での違法労働問題も関係するダイヤモンドでは、すでにブロックチェーンが活用されている。
参考)
 
 
 
 
本書では、AirbnbUber、アリババやダークウェブを始め、数多くの事例をもとに、それぞれがいかに信頼を勝ち取ってきたか、を記載しながら信頼について説明しています。
言われてみれば確かに...と思わされます。 

 

というご紹介でした。